5歳児連れ地中海クルーズ(Ⅳ)寄港地マルセイユ

d0059811_00181202.jpg
今回のクルーズ乗船地は、少しばかり土地勘があるマルセイユにした。
シャルル・ド・ゴール空港から1時間強でマルセイユ・プロヴァンス空港に到着。空港から街の中心部のサン・シャルル駅まではシャトルバスで移動した。かつての旅では野宿するはめになった、懐かしいサン・シャルル駅。あのときにお世話になった駅員さんは今もいるのだろうか。
d0059811_22533982.jpg

夕方の乗船時間まで時間があるので、駅のコインロッカーにスーツケースを預けて、旧港付近を散策することにした。駅の大階段から見るマルセイユの街に、ついに戻ってきたぞと気持ちが高揚する。この感覚が旅で一番すきだ。
d0059811_22535075.jpg

サン・シャルル駅から旧港まで行くのに道に迷っていたら、通りすがりの地元の人が教えてくれた。英語が通じず、久しぶりのフランス語を思い出しながらの会話。
やっと到着した旧港の雰囲気は抜群で、地中海にきたという実感がわく。
d0059811_22540799.jpg

港にあるレストランでランチ。ブイヤベースは帰路に取っておき、日替わり魚のランチプレートをチョイス。
d0059811_22542217.jpg

ランチの後は、プチ・トランで旧港周辺を観光。乗り物好きな息子へのサービスのつもりが、細い道をギリギリで走るスリルに大人も楽しめた。
d0059811_22552618.jpg

ヴィエイユ・シャリテ付近を通過。この周辺は以前、自分の足で歩きまわったところ。怖いもの知らずで身軽に街歩きできた若い頃がとても懐かしくて、涙が出そうになった。たぶんもう、あんな無謀な旅をする気力は、これからの人生ではきっと出ないだろうなと思う。
d0059811_22560786.jpg

プチ・トランを降り、スーツケースを取りにサン・シャルル駅まで戻る。思ったより暑く、息子の要望もあって、駅までメトロに乗ることにした。たった2駅だったけれど、息子は鉄分が満たされたようで満足げだった。
d0059811_22562301.jpg

荷物をピックアップして、タクシーでMSCのターミナルへ。時差ボケもあって、そろそろ眠くなる時間のはずだが、息子はナチュラルハイなのかまったく寝ようとしない。
d0059811_2335124.jpg

いざ乗船。見上げるほどに大きい船、MSCムジカ。これで9万トン。MSCにはさらに大きい船もあるというのだからすごい。
d0059811_00223823.jpg

ここから、5歳児と一緒の地中海の旅がはじまる。



by chatelaine | 2014-09-19 22:52 | 子連れ旅行

欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko
通知を受け取る