2014年気になる美術展

今年も、月に2回くらいはアートに触れたい。
本当は、気が向いたときに観たいものを観るのが一番なんだけど、今の生活スタイルを考えると、「今日はあそこへ行こう!」と突発的に行動するのは難しいので、やはり事前の情報収集と予定調整が欠かせない。

ということで、現時点で気になっている美術展をピックアップ。


「テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢」
会期:2014年1月25日(土)~4月6日(日)
会場:森アーツセンターギャラリー

年明け早々、大好きなラファエル前派展とは大喝采を送りたい。しかもミレイの「オフィーリア」がくるとは…!子どもはお留守番で、夫とデートして観たい感じかな。
森美術館の年間パスポートが有効ならば通いつめたいところだけど、残念ながら森アーツセンターギャラリーは対象外らしい。同じ森ビル内なのに…。


「ザ・ビューティフル ― 英国の唯美主義 1860‐1900」
会期:2014年1月30日(木)~5月6日(火・祝)
会場:三菱一号館美術館

今年はラファエル前派イヤーなのか?私的趣味ど真ん中の美術展が2つも。唯美主義、という甘美な言葉の響きだけで、頭がくらくらする。
実はすでに、①と併せて「夢の英国美術周遊券」というチケットを購入済み。会場が三菱一号館美術館というのもそそるわ。


「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」
会期:2014年5月31日(土)〜8月31日(日)
主催:森美術館
巡回:名古屋市美術館、沖縄県立博物館・美術館、高知県立美術館(予定)

これはぜひ子連れで行ってみたいところ。夏休み中は混みそうだから、前半戦勝負かな。


「Kawaii(かわいい)日本美術 ―若冲・栖鳳・松園から熊谷守一まで」
会期:2014年1月3日(金)~3月2日(日)※会期中一部展示替え
(前期:1月3日~2月2日、後期:2月4日~3月2日)
会場:山種美術館

今年は日本美術を観たいと思っていたら、初心者になんともうってつけの展覧会が。テーマが「Kwaii」なので、普段、日本美術になじみがない人でもとっつきやすそう。
メインと思われる伊藤若冲の「樹花鳥獣図屏風」が後期からの展示らしいので、行くとしたら2月に入ってからかな。


「道後オンセナート2014」
会期:プレオープン2013年12月24日(火)
   グランドオープン2014年4月10日(木)
   フィナーレ2014年12月31日(水)
会場:道後温泉およびその周辺エリア

一昨年に家族旅行で行った道後温泉は、とても雰囲気のある町だった。
日本でも、こういう、地域と結びついたアートフェスというか、トリエンナーレやビエンナーレが増えてきたね。旅の楽しみも増えるし、ぜひアーティストの監修した部屋に泊まってみたい。しかし、草間彌生の部屋ではくつろげなさそうだけど…。

旅の計画にもうまくアートを組み込みつつ、今年もアートに満ちた一年を過ごしたいな。
by chatelaine | 2014-01-03 23:06 | ART

欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko