いのうえシェイクスピア『鉈切り丸』レビュー/修羅の果て

東急シアターオーブで上演中の、いのうえシェイクスピア『鉈切り丸』~W・シェイクスピア「リチャード3世」よりを観に行ってきた。
いのうえひでのり演出作は「今ひとたびの修羅」に続いて今年2作目。
d0059811_19243312.jpg

シェイクスピアの「リチャード3世」を日本の鎌倉時代に置き換えた本作は、主演の森田剛が去年の「金閣寺」より一段と上手になっていて、もはやアイドルというよりすっかり舞台役者だなあと、認識を新たにした。

森田剛が演じているのは、源頼朝の異母弟・範頼(のりより)で、その幼名が鉈切り丸。「鉈切り」という名の真の理由は最後まで明かされないが、びっこにせむしに顔のあざという、「かたわ者」として醜く生まれた鉈切り丸が、陰謀姦計、権謀術数を駆使してのし上がるというストーリー。合戦や殺陣のシーンも盛りだくさんで、血で血を洗うスペクタクル劇に仕上がっていた。
d0059811_19243631.jpg

今回はシアターオーブの3階席という、ものすごい急傾斜の席から観たので、役者の表情までつぶさに観られなかったけれど、森田剛の独特のしぐさや特徴的な声から、鉈切り丸の悪の魅力が前面に感じられた。とりわけ、両腕を広げて、観客にとくとご覧あれ、とでもいうような見得を切るのが印象的。

鉈切り丸の、生まれたときから光ある者への憎しみと諦観。屈折しまくり、倒錯しまくり、呪いの言葉を吐きまくりで、醜き者の怨嗟がひしひしと伝わる一方、その醜さを糧にして、歴史に名を残してみせる、という野望に燃える姿にぞくっとした。

対して、兄・頼朝を演じる生瀬勝久の、底抜けの馬鹿馬鹿しさと天真爛漫さは、兄弟で対極を描いていた。乳母のかぶりものを使った新感線的なギャグはやりすぎとも思ったが、頼朝のとぼけっぷりは悪くなかったと思う。
そして、頼朝の傍らで歴史のうねりを観察し、歴史を書き記す文官が重要な役割を担ってくる。


他には、建礼門院vs北条政子の対決シーンが鳥肌ものだった。政子も、頼朝を尻に敷く姿が様になっていたけれど、建礼門院の生き霊の存在感と、おどろおどろしさと、呪いの言葉のインパクトはさらに凄まじく、滑舌と発声のよさも完璧で、誰かと思えば麻実れい。さすが、これまで数々の魔性や復讐する女を演じてきただけあって、神(生き霊)がかっていた。そして、血と出生と言霊にこだわるあたり、シェイクスピアらしいと思った。

対照的に、巴御前はもてあそばれてる役どころ。強気なわりに鉈切り丸への復讐も至らず、この時代特有の、翻弄される女性の悲しさを背負っていて、しかもキンキン声を出してわめくばかりで…正直演技はできていないような…。(まあ成海璃子は初舞台ということで)
しかし、美貌の仇を妻にすることで美を征服する、とはなんとも倒錯的な考え。


結局、鉈切り丸の野望はあと少しというところで潰えてしまう。彼の裏切りを知って、すかさず、歴史を書き換えよ!という指示を出す北条政子。鉈切り丸ほどの自己顕示欲の持ち主にとって、歴史から忘れられ、醜き者として生きた証をなかったことにされるのは死ぬより辛いはず、ということをよくわかっている。政子、性格悪い…というか、敵の痛いところをよくわかってる人。

ラスト、鉈切り丸は、生みの母からも呪いの言葉を浴びて、絶望と怒りをまとい、救いのない破滅への道をゆく。
冒頭、小雨の中で修羅の道を生きると決意した鉈切り丸は、自らの血で染まった池で、鉈を片手にもがいて死を迎えた。その大地と水の演出に、雅楽を多用した生バンドと、鳶の鳴く声が雰囲気を添えていた。
by chatelaine | 2013-11-14 23:31 | STAGE

欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko