『オバケとパンツとお星さま』レビュー/自然体な子どもたちへ

東京都現代美術館(MOT)で開催中の、『オバケとパンツとお星さま -こどもが、こどもで、いられる場所』に行ってきた。
d0059811_2230126.jpg

開催概要を見たときから、すばらしいコンセプトだなあと感じていた。
「通常「走らない」「さわらない」 「さわがない」が、美術館のルール。本展覧会では、これらのルールをゆるやかに解放し、逆説的に美術館のルールを伝えます。」

そうだよそうなんだよ。美術鑑賞は幼児の情操教育にいい、というけれど、子どもが走らないように、騒がないように、手を触れないように、親は意外と気を遣うもので、わたしは本当に自分が集中して観たい美術展には、子どもは連れて行かないと決めている。
一方で、子どもに我慢を強いることのない、こういった体験型の展覧会が増えてくれるととてもうれしいし、写真撮影可というのも懐が深い。

というわけで、数年ぶりにMOTに行くことにしたのだけど、この美術館は駅から10分ほど歩くので、この暑さで息子はへこたれるかなあ…と思っていたら、駅の出口にこんな作品が。
d0059811_22301485.jpg

地元商店街で「カカシコンテスト」を行っているらしく、いろんなカカシたちが美術館までの道のりを案内してくれている。
d0059811_22302082.jpg

息子はカカシを見つけるのに必死。カカシを追って、気づけば美術館に着いていた。
d0059811_2230241.jpg

子どもゴコロをよくわかっていらっしゃる。
d0059811_22302684.jpg

展覧会は、「オバケとパンツとお星さま」という、子どもたちが好きなものをテーマにしている。
一見、てんでバラバラ、どういう趣旨なの?と疑問に思うけれど、「オバケ」は見えないものを見る想像力やそれに打ち勝つ勇気を、「パンツ」はおむつからパンツへ至る成長の過程を、「お星さま」は光や希望や未来を、それぞれ象徴しているとのこと。
これは思ったより深いぞ…。
d0059811_2373259.jpg

最初の「変身コーナー」では、本来ならカツラや付け髭など、いろんな変身グッズを身につけて観賞できたらしいが、残念ながらすでにグッズがほとんど残っておらず、糸が垂れた壁のみになっていた。
d0059811_2391359.jpg

オバケいるかもよ~、と事前に脅かしすぎたせいか、暗い「オバケの部屋」におびえる息子。「早く次の部屋に行こう…」と半べそで離脱。しかし、部屋の説明書きはこんなにキュート。
d0059811_23154895.jpg

次のお星さまの部屋では、壁いっぱいの星座に目を輝かせ、復調のきざしをみせる息子。「デタラメ星座」というワークは、さいころを振って、出た目でデタラメな星座をつくるというもの。作業が少し複雑なので、未就学児は親が一緒に作る必要があるかも。作成した星座は、プロジェクターで壁に映し出されるのだけど、即日反映されるわけではないらしい。ちょっと残念。
d0059811_2310235.jpg

暗い星空から一転して、かなりビビッドな色彩の「はだかちゃんとぱんつのくに」には、作家の強烈な個性を感じた。(というか、少々面食らった。)
d0059811_23182777.jpg

他の子どもたちはクッションの作品で遊んでいたけれど、息子は引き気味。「パンツなんて恥ずかしいよー」などと言っていた。えっ、普段、パンツパンツって大喜びしているあなたはどこへ?
d0059811_23142372.jpg

その代わり、次のオバケ屋敷「化かし屋敷」はドンピシャだったよう。有名な絵画作品がトリックアートのようになっていて、回転したり飛び出したり。
d0059811_23225471.jpg

ゲラゲラ笑いながら、何度も何度もなんども、しつこく仕掛けを探求する息子。
d0059811_23232249.jpg

結局、この部屋には30分以上いた気がする。
d0059811_2320546.jpg

この部屋の監視員は透明人間…!(息子は相当びびっていた。)
d0059811_23191549.jpg

そして最後の、布を自由に使って変身するコーナーには、まったく興味を示さずスルー。そもそも、ハロウィンのコスプレも、園のお遊戯会の衣装も、「ぼく、着たくない…」というタイプなので、仕方ない。わたくし、この部屋の写真は、撮らせてすらもらえず。

今回の展覧会で子どもたちの動向を観察していると、どの部屋でもまんべんなく遊ぶ、というタイプもいれば、気に入った部屋ではひたすら遊び、興味のない部屋はスルー、というタイプもいるみたいだった。うちの息子は完全に後者のタイプだなあ。

ところで、美術館の2階にはお洒落なベトナムカフェもあって、子どもと一緒にゆっくりごはんもできる。MOT、今後の展覧会にも期待ですな。
by chatelaine | 2013-08-18 23:24 | ART

欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko