『おのれナポレオン』初日レビュー/憎らしいほど才能豊かな男たち

東京芸術劇場プレイホールで上演中の舞台、『おのれナポレオン』の初日を観に行ってきた。
三谷幸喜の劇作・演出で、なんと野田秀樹がナポレオン役を演じるという、すばらしく魅力的なタッグ。まわりを固める俳優も、山本耕史に内野聖陽に天海祐希にと、主役級の面子がずらり。
d0059811_14574032.jpg

セント・ヘレナ島でのナポレオンの死にまつわる謎を追う、ミステリー仕立てのストーリー。
冒頭からシリアスなムードで始まったため、あれ、三谷では?喜劇では?という感じだったのだけど、野田秀樹扮するナポレオンが奇声を上げて登場するやいなや、一気に場の空気がゆるみ、会場が笑い声につつまれる。登場するだけでこの雰囲気の変容はすごい。

やりすぎではと思うほどのナポレオンの奇人変人っぷりだが、 腹心の部下、愛人、おかかえ医師、従僕、そしてナポレオンの監視役の英軍人と、まわりの真面目さがほどよく中和させている。特に、内野演じるイギリス軍人・ハドソンの生真面目さはナポレオンと対照的だ。くどいなあと思う笑いもあったけれど、畳み掛けられるとつい笑ってしまう。


話が進むうちに、側近たちもナポレオンに対して腹に一物抱えていることがわかり、単なる尊敬や愛だけではなく、実は憎しみも抱いていることが露呈する。ナポレオンという強大な光の前に、濃い影をつくる人々。光に近づこうとすればするほど、身を焦がし、傷つき、けれどもその魅力から離れられない…。複雑だねえ、人間というものは。
とりわけ感じたのは、ナポレオンの「忘却」という罪深さ。山本演じる側近・モントロンに当てはまることだが、敬愛する人物に忘れられることほど、絶望と憎しみを抱くことはないだろう。

そして、側近たちの「おのれ…」という憎しみすら利用するナポレオンのたくらみ。戦術の天才にして、いやらしいほど人間心理を理解しているこの男は、自身の名誉を守るために、命をかけた最後のチェスを打つ。(「名誉(honneur)」と「おのれ」がかかっているわけです)
ストーリーも演技も、本当によくできた愉快なお芝居だった。三谷と野田を筆頭に、憎らしいほど才能豊かな男たち(天海さんは女だけど)に乾杯。


それにしても、リニューアル後の東京芸術劇場には初めて行ったのだけど、随分ときれいに変わっていて驚いた。託児も付くようになっていて、しかも公演1時間前から終演後30分まで預かってもらえて1000円!という破格の金額で、一瞬目を疑った。これは今後使えそう。
そして面白いのが、主催者の子どもも預かりますよ、とうたっていること。この劇場は、野田秀樹が芸術監督だから、もしかすると彼の子どもも預けられていたりするかもね。
by chatelaine | 2013-04-09 23:56 | STAGE

欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko
通知を受け取る