親の汗光るリトミック

児童館で6ヶ月からのリトミック教室があると聞いて、なんとなくお座りができるようになったばかりの息子を連れて、参加してみた。

講師は、リトミック界(というものがあるとすれば)では有名な黒岩先生。ベネッセの音楽教材の監修をやってらっしゃいます、という紹介に、親たちからは、ほほぅという声が。

まだ立てない子どもたちが対象のクラスなので、音楽をかけて、わらべうたのリズムに乗って、親が子どもの手を取り足を取り、ときには抱っこで歌を歌って遊ぶ。
親、体力いります。汗かきます。息子はご機嫌だけど、なされるがまま。


このリトミックもそうだけれど、生後6ヶ月を過ぎると、参加できるイベントや託児施設が増える。
息子も最近になって、おもちゃで遊ぶことに興味が出てきた様子。
数ヶ月前には、どうやってもつかめなかったガラガラを、今ではあたりまえのように握っている姿を見て、寝返りやお座りよりは地味な成長だけれど、おもちゃをふりふりするその姿が、とてもいとおしく思えてしまった。
by chatelaine | 2009-10-09 19:25 | 子連れエンタメ

欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko
通知を受け取る