劇団四季『鹿鳴館』レビュー

東京に来てはじめて観たお芝居は、新国立劇場での三島由紀夫の戯曲『サド侯爵夫人』だったと記憶している。
そのころ三島作品をひとつも読んでいなかったくせに、この芝居を観にいったのは、藤本ひとみの同じような題材の小説『侯爵サド夫人』を読んで、すっかり虜になってしまったからだった。

あれから三島を読むようになって、逆に、芝居の方にはあまり興味を持たなくなっていた。それは、劇作家や演出家としてより、純粋な作家としての彼を知りたかったからかもしれない。

だからその間に、『黒蜥蜴』や『近代能楽集』など、観たいと思える芝居も公演されたけれど、私にはまだその時期ではない、もうちょっとあとに取っておこう、という思いがあった。


今回の『鹿鳴館』は、劇団四季初の三島作品ということだ。四季といえば、三島と親交の深かった浅利氏演出なのだから、これまでにも舞台化するチャンスはいくらでもあったはず。
それをあえて(かどうか確証はないが)三島劇にふさわしい布陣が揃うまで待った、というコメントは、「そろそろいいんじゃない?」と私にも問いかけてくれているようで、なんだか無性にこの芝居を観たくなってしまったのだった。

つまるところ、四季が満を持して公演してくれるというなら、私の方も、これを機に三島劇を観はじめよう、というわけである。


さて、いつも四季ではミュージカルばかり観てしまうものだから、ストレートプレイは初めてだったが…。

さすがです、さすが。
着物の裾さばき、立ち居振る舞いを気にしながら、あの長ゼリフを言うのだから、やっぱり舞台俳優はすごいなぁと。

しかもそのセリフは明治の上流階級の口調。
「~あそばせよ」「~であるのだよ」
よくもまぁ、舌をかまずにいられること。

反面、おおげさなアクションはないし、ほとんど対話劇だから、会話のリズムが命のこの舞台。観念的な話題も多いから、退屈してしまうのだろうか…私のまわりの観客は、2~3人が舟をこいでいた…。


そんな中でも、私のお気に入りは影山伯爵(日下武史)。原作ではそこまで惹かれなかった伯爵だけれど、伯爵夫人への慇懃さが、老獪な政治家っぷりが、眼に見えて現れることで、原作以上の魅力を発揮したのではないかな。

ほかにも、飛田天骨(田代隆秀)とのグロテスクな会話などは、読んでいると吐き気をもよおしたのに、観ていると逆にコミカルだったし、清原永之輔(広瀬明雄)の「久雄は私を殺したかったのじゃない、私に殺されたかったのです!」のくだりは、これぞ生、という感じで鳥肌ものだったしね。


もうひとつ、四季の魅力として特筆すべきは、舞台美術の本格的なところ。ミュージカルでも、やっぱりロングラン公演を旨とする劇団だけに、舞台装置がしっかりしていると思わされることが多い。

鹿鳴館の絢爛なイメージを、あの小さいステージで立体的に描いてみせた二幕は、そうきたか~という感じ。とくに、舞踏会場。ああいう風に処理されるとは…。

カーテンコールで、三島の写真を持ってくるなんていうことも、浅利氏ならではの演出。三島への敬愛の情が、最後まで感じられる、うれしい舞台だった。
by chatelaine | 2006-02-22 23:21 | 演劇

◆◆管理人:yukiko ◆◆欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko