5歳の成長記録

5歳息子の、年長組での最後の個人面談があった。
園生活では特にトラブルもないようで、話は主に、小学校に上がるにあたっての心配事はありますか?という内容に終始した。

あまり子どもの悪いところばかりに目をやりたくないのだけど、5歳時点の記録ということで、長所短所を列記してみる。


<長所>
●記憶力と語彙力はなかなかのもの。また、「なぜかというと~」と原因を話す力がある
→会話力とコミュニケーション能力は一品。引き続き親子の会話を増やしていく。

●率先してお手伝いをしてくれる
→お風呂掃除をやりたがるので頼んでいる。

●本を読んでもらうのが好き
→「エルマーの冒険」「いやいやえん」「もりのへなそうる」などがお気に入り。


<短所>
●興味のないこと、苦手なことには取り組まない。チャレンジしてみよう!という気持ちがない
→サッカーやドッヂボールに取り組む様子をみていても、負けん気や闘争心がまるでない…。

●努力や練習が必要なことに粘り強く取り組む姿勢に欠ける
→縄跳びや鉄棒など、練習すればできるようになるのに、「できないから」と避けている。
→不得意だったコマ回しは練習してできるように!これが成功体験となってくれればいいのだけど。

●まわりの状況が見えず、喋り続ける
→話を聞かなくてはいけない時間も喋ってしまう。で、肝心の説明が聞けていない。
→これは早めに対処しないと小学校生活でも苦労しそう。

●挨拶ができていない
→人見知りには縁がなかったのに、最近になって挨拶に照れが見られ、ハキハキしていない。

●まだ人前でも親にベタベタ甘えてくる
→いつまでベタベタしていても大丈夫なもの…?


3月末生まれの息子は、卒園してから6歳となる。
同級生からはほぼ周回遅れの月齢だけど、それでもよくついていっていると思う。
だから短所をつつくようなマネはしないで、長い目で見ることがわたしの努めだと思っている。


by chatelaine | 2015-01-06 23:38 | 子どもの教育

◆◆管理人:yukiko ◆◆欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko