『ジャッジ 裁かれる判事』レビュー

夫と一緒に、『ジャッジ 裁かれる判事』を観にいってきた。
息子のキャンプ中、これといって観たい映画がなかったので、消去法的に選んだ作品なのだけど、ロバート・デュバルの枯れた演技と、ロバート・ダウニーJr.のイヤな弁護士っぷりがよかった。
d0059811_18452847.jpg

ポスターではコテコテの法廷劇に見えるけれど、期待したようなサスペンス色はあまりなく、どちらかというと家族の再生を、典型的なアメリカ風に描いている。

村を代表する老齢のベテラン判事が殺人の罪で訴えられ、都会で活躍する敏腕弁護士の息子が村に戻って父親の弁護する、という内容。
しかしこの父子には積年の確執があって、ことはうまく運ばない。

d0059811_18484400.jpg
老いた父は本当に罪を犯したのか?
何を隠そうとしているのか?
親子はわかりあえるのか?

ああ、家族って、めんどうくさくて愛おしいな。


by chatelaine | 2015-01-25 23:30 | CINEMA

欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko