5歳児連れホーチミン旅行(Ⅹ)「A O show」鑑賞、そして帰国へ

d0059811_00052695.jpg


クチトンネルから戻った後は、レストランで軽く食事をし、
ベトナムで人気上昇中という「A O show(アー・オー・ショー)」というサーカスを観にいってきた。
d0059811_23495941.jpg


会場は街の中心にある市民劇場。仏領統治時代に作られたオペラハウスとあって、コロニアル調のこぢんまりした美しい劇場。ショーだけでなく、劇場の内部の装飾も見ることができるので、観光客には一石二鳥。
d0059811_23352508.jpg


ベトナム南部の農村と都市のくらしの様子を表現したショーということで、シルク・ドゥ・ソレイユみたいな華やかさや大掛かりな技はなく、素朴な感じ。
竹や籠を使った演出が特徴的で、会場でも籠がシンボル的に飾られていた。
d0059811_23355431.jpg


大人視点では少し物足りなさも感じたけれど、子どもはアクロバティック的な部分には、まあまあ食いついていた。



終演後は、予約しておいた空港付近のホテルへ移動。
この日は大晦日ということで、例年、花火大会で通行止めになる道もあったりと、道路が大渋滞すると聞きつけ、早めに空港の方へ行っておくことにしたのだった。

帰国は深夜便だったので、ホテルで軽く休憩してから搭乗。お友だちとは別の便だったので、ここでお別れをした。
機内でニューイヤーを迎え、仁川経由で元旦の朝に関空に到着。そのまま大阪の実家で、夫や実父とお正月、という旅程だった。


今回、旅好きで、気の合うママ友との現地集合の旅は、なかなかよかった。
子ども同士で遊ばせられるし、かといって常にべったり一緒というわけではないので、自分の自由も確保できるし。お互い一人旅ができるタイプで、相手への依存度が低い、ということがポイントかな。

本当は夫も一緒なのが良いに決まっているけれど、なかなか休みが合わないもので、またこの母子×母子パターンで旅することになりそうな予感。
d0059811_23544349.jpg


by chatelaine | 2015-01-01 23:12 | 子連れ旅行

欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko