『思い出のマーニー』レビュー/いつか想像力がついたら

息子と一緒にスタジオジブリの『思い出のマーニー』を観にいってきた。
観る前から、ナウシカやラピュタほど盛り上がりどころもなく、トトロやポニョみたいに子どもウケするキャラもなく、大人向けな印象を持っていたけれど、それでも5歳児は食い入るように最後まで観ていたので驚いた。
d0059811_17852.jpg

「自分のことがキライ」という思春期にさしかかった主人公・杏奈が、マーニーや彼女を取り巻く人たちとの出会いと交流によって殻を破る、ひと夏の成長譚。スペクタクルはないけれど、わたしはけっこう好みだった。
描かれているのは「孤独な少女たちの友情」に形を変えた、「世代を超えた和解」というところかな…。

キーワードは「置いて行かれた」と親を恨む子どもの孤独。そして、その世代を超えた連鎖。マーニーは、置いて行かれる悲しみと恐怖も知っているし、逆に置いて行かざるを得ない辛さも知っている。だからこそ、すべてを内包した「愛している、許してほしい」というセリフが胸に響く。
最近、ただでさえ親子モノには弱いのに、ラストの杏奈の「…許すわ」のシーンでわたしの涙腺は決壊してしまった。

加えて、そのシーンの少女たちの流す涙の透明感ったら!さすがのジブリ作画。普段、子どもを見ていて思うけど、ああいう無垢で大粒の涙は、子ども時代にしか流せないんだよね。大人はあんな綺麗な涙、流せないの。

あと、主題歌が美しい湿地帯の風景にぴったりで、これまた涙を誘う。水彩画の絵本のような儚さをまとった作品。
d0059811_17938.jpg

結局、マーニーとは誰だったのか?
という謎は、息子にはわからなかった模様。
ミステリーではないので、大人なら普通に観ていれば途中でマーニーの正体はわかる。ただ、直接的な言葉による説明はないから、5歳にはまだ曖昧なんだろう。
でも、親が無理に解説しなくても、こういう部分は曖昧なままでいいと思う。子どもはいずれ行間を読めるようになるし、それが想像力を伸ばすことになるのだから。
by chatelaine | 2014-08-02 23:35 | CINEMA

◆◆管理人:yukiko ◆◆欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko