5歳児連れ北海道旅行/星野リゾートトマム編

札幌に着いたその足で、そのまま特急「スーパーとかち」に乗ってトマムへ移動。
札幌で子連れで楽しめそうなところがあまり見つけられず、札幌は何度か通過するものの、乗り継ぐだけで滞在はしなかった。
d0059811_052359.jpg

カシオペアで5時から起きていた息子がお昼寝しているうちに、札幌から1時間半ほどでトマム駅に到着。ホテルの配慮でアーリーチェックインさせてもらって、12時前には部屋に入ることができた。
開放感ある部屋の窓からはトマムの山々の眺望が。
d0059811_071033.jpg

星野リゾートは家族向けのアクティビティがたくさんあって、今回も迷ったあげく、まずは青森帰省で息子が楽しかったと言っていた、グラウンドゴルフをすることに。
d0059811_0101596.jpg

なんだかゲートボールみたいに見えますが、あくまで本人はゴルフのつもりです…。
d0059811_085481.jpg

その後はプールへ。八ヶ岳のリゾナーレと同様、波のプールやジャグジーコーナーもあって、大人も子どもも楽しめる。
d0059811_0111264.jpg

プールのついでにお風呂も済ませて、夕食をとり、翌朝のトマム名物の雲海見物に備えて早めの就寝。
雲海テラスへのゴンドラは4時半~7時まで動いていると聞き、6時ぐらいに乗ろうかと話していたら、ホテルの方が「早い方がいいです。6時だともう雲海は消えているかも」とアドバイスをくれたので、がんばって4時に起き、5時前にはゴンドラ乗り場へ。ゴンドラ乗り場はかなり混んでいてびっくり。みんな早起きだなあ。

ゴンドラで雲海を抜けて上昇してゆくにつれて、わたしのテンションも上がっていく。
d0059811_0133757.jpg

低めの位置ながら、神秘的な雲海を見ることができて大満足。
d0059811_0125695.jpg

遠くの山々にも雲海がかかっているのが見渡せる。月並みだけど、自然のパワーってすごいな。
d0059811_0151367.jpg

雲海熱さめやらぬ朝食後は、ネイチャーラフティングに挑戦。こういうアウトドア系は夫婦とも苦手分野だけど、せっかくの北海道の大自然を満喫しないのはもったいないということで、あまり興味を示さない夫と息子を説得し、なんとか敢行。
d0059811_0363290.jpg

「こわい~!水が冷たい~!」とべそをかく息子。
「2時間も川下り!?だるい…」とやる気のない夫。
天気も快晴で、透明な水に木々の緑が映えて、絶景かな!と満喫したのはわたしだけでしょうか…。
でも、リアル急流滑りに、息子は半泣きで叫びながらもなんとかクリア。一皮向けたか、それともトラウマになったかはわかりませんが。

今回はトマムに1泊しかできなかったけれど、旅程に余裕があれば2~3泊しても十分楽しめるほど、自然体験のアクティビティが充実していると思った。アウトドアのレベルアップをして、また来たいな。
by chatelaine | 2014-06-22 23:03 | 子連れ旅行

欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko