4歳児連れ九州旅行/熊本市内編

はじめて降り立った熊本駅は、どこもかしこも「くまモン」であふれていて、ゆるキャラの経済効果を見せつけられるところから始まった。
d0059811_1373735.jpg

それは、普段はあまりキャラクターものに興味のない我が家でさえ、せっかく熊本に来たのだから実物に会っていこう、という気になるほどで、早速、くまモンに会えるという「くまモンスクエア」へ行ってみることに。

くまモンは熊本県の営業部長(という設定)なので、スクエア内には執務室が用意されていて、これまでの活動で表彰されたトロフィーや賞状なども飾られていた。設定が細かい!
d0059811_1553421.jpg

そして、その人気ぶりはと言うと、くまモン登場の30分前から列ができており、15分前には入場制限がかかるほど。わたしたちはたまたま早く着いたので、中で見ることができたけど、指定時間ちょうどに行くと、十中八九、中には入れないかと。ただ、保護者と離れても平気な子どもは、最前列に座らせてくれるサービスの良さ。

くまモン登場につき、わたくし大興奮で写真撮影。その一挙手一投足に黄色い歓声が上がる。
d0059811_1373854.jpg

d0059811_1373948.jpg

1月に彦根城で会ったひこにゃんとは違い、ゆるキャラでもダンスのキレがすごい。そのキレっぷり、なんだか「おかあさんといっしょ」のワンワンを髣髴させるほど。ひこにゃんは、終始ゆらゆらして、「えへっ?」という感じで、本当にゆるかった。その意味では、(声は出てないけど)歌って踊って握手してファンサービスして…のくまモンは、もはやゆるくないキャラなのかも。


その後、名刹・熊本城を見学。
d0059811_1374210.jpg

夫の城好き日本史好きに加え、息子の方も、地図を持っての城内散策が好きな様子。
d0059811_1374077.jpg

それにしても、有名な武者返しの反り具合は、聞きしに勝るものだった。一見、城壁の裾野はなだらかなのに、途中から光の屈折のように角度が急に。
このあたりの地盤が緩いため、圧を減らすために、石垣をなだらかにしたらしい。
d0059811_1423417.jpg

さすがにこれは登れまい!
d0059811_1374332.jpg

天守閣からは市内が一望。そしてあんなところにもくまモンが…。
d0059811_1434430.jpg

子連れ城巡りとしては、弘前城、松山城、高松城、彦根城、熊本城と、着実に数を増やしていっている。
息子が一番行きたがっているのは姫路城なのだけど、いまだ外壁修復中らしく、いつになったら行けるかなあ。
by chatelaine | 2013-09-24 23:18 | 子連れ旅行

◆◆管理人:yukiko ◆◆欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko