4歳児連れ九州旅行/阿蘇ファームランド編

憧れの列車「あそぼーい!」に乗ったはいいけれど、さて、阿蘇で何しよう?ということで、「阿蘇 子ども」で検索して最初にヒットした「阿蘇ファームランド」という複合施設に行ってみることに。
広大な敷地内には、動物王国やアスレチックや温泉があり、宿泊用コテージは屋根がドーム型。
d0059811_17493782.jpg

今回は、ロイヤルゾーンの4人部屋に宿泊。
d0059811_17483091.jpg

声が反響して、変なところから聞こえる!
d0059811_17424369.jpg

展望台からまわりを見回すと、360度、山々が連なっている。外輪山の稜線が美しい。
d0059811_17521945.jpg

恥ずかしながら、「阿蘇山」いう名前の山は存在しないこと、いわゆる「阿蘇山」とは外輪山とカルデラ全域を指す総称だということを、今回の旅ではじめて知った。地理のお勉強では名称だけ丸暗記してピンとこなかったものが、実際に訪れてみることで、地形や地理的なことが腹に落ちる。身をもって体感するって大事だなあ。
d0059811_17544121.jpg

連休ということもあって、チェックインや温泉、食事処は混雑していた。特に、温泉は広い敷地があるにもかかわらず、洗い場が芋の子洗いな状態で残念な感じだったけど、露天風呂の種類が豊富で、岩盤浴まであったのは満足。


着いた日はもう夕方だったので、敷地内の「まなびの森」で動物たちと軽く遊ぶことに。息子はそんなに動物が得意な方ではないけれど、それなりに興味はある様子。
へっぴり腰でマーラに餌付け。
d0059811_17573730.jpg

カピバラをこんなに至近距離で見たのははじめて。
d0059811_1826272.jpg

面白かったのが、屋根の上にいる子ヤギに遠隔で餌をやる装置。息子はこればっかりに夢中。
d0059811_1826332.jpg


翌日は朝から「元気の森」という、東京ドーム1個分の敷地面積を誇る、巨大アスレチックへ。ルートに沿って番号がふられていて、ひとつずつクリアしていく。
まずは障害物系のコーナー。
d0059811_1826419.jpg

d0059811_1826490.jpg

d0059811_1826522.jpg

d0059811_1826838.jpg

d0059811_1826976.jpg

次は登ったりジャンプしたりバランスとったり。
d0059811_1826638.jpg

d0059811_1826770.jpg

d0059811_1826798.jpg

d0059811_1826982.jpg

見るだけで子ども心をつかむような迷路も。
d0059811_18292027.jpg

2時間ほどかけて、全部をクリア!
しかし、4歳ともなると身体能力が上がり、親が「これはまだ無理じゃない?」と思っても、少し工夫したり適切に補助したりすると、ちゃんとクリアできたり。親が勝手に子どもの限界を決めちゃだめだなあと。

というわけで、阿蘇のふもとで身体をたっぷり動かして、午後からの移動はひたすらお昼寝の母子。行きはあんなに盛り上がった「あそぼーい!」も、帰りは睡魔で撃沈。せっかくの一両目パノラマシートだったのになあ。
by chatelaine | 2013-09-23 23:16 | 子連れ旅行

◆◆管理人:yukiko ◆◆欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko