『ズーラシアンブラス meets 東京交響楽団 0歳からのオーケストラ』レビュー

文京シビックホールで開催された、『ズーラシアンブラス meets 東京交響楽団 0歳からのオーケストラ』に行ってきた。
d0059811_14584084.jpg

動物の(着ぐるみの)オーケストラで、子どもたちに人気と聞き、ずっと気になっていたズーラシアンブラスだけど、これまで日程が合わず見送っており、今回がはじめて鑑賞。

息子的には、普通のオーケストラを何度か観ているので、逆に動物が出てくるのは驚きだったよう。
私的には、あまりメジャーな動物でないところがツボ。オカピが指揮者だったり、オケのメンバーがインドライオン、スマトラトラなど、単なる「ライオン」「トラ」ではないというところにこだわりを感じ、公式HPによると、それぞれがオケに参加したストーリーがあるのも個性的。
自己紹介の場面でも、キャラクター設定がしっかりしていて、特に、居眠りキャラのマレーバクに息子は大受け。あのキャラはずるいと思うなあ。

今回、曲目の半分は東京交響楽団なので、クラシック好きの大人でも楽しめる内容。
ありがたいことに、未就学児童を連れて入れるコンサートも増えてきているけれど、子ども向けの曲(アンパンマンだのジブリだの)ばかりやられると、クラシック好きの親は退屈だったりするので、この辺のバランスが難しいところ。

文京シビックホールで行われる子ども向けのコンサートは、夏にあった、『東京フィル・親子で楽しむ はじめてのオーケストラ』から2回目だけど、曲目のチョイスがよくて、今後も要チェックだわ。
来年の5月にもズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団の公演があるそうなので、チケット手配しなくては。

ちなみに、ズーラシアンブラス友の会、というのもあるらしく、申し込んでみた。無料会員なのに、ちゃんと会員証が届くみたいで、楽しみだな。
by chatelaine | 2012-12-09 23:50 | MUSIC

◆◆管理人:yukiko ◆◆欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko