3歳児連れ四国旅行/こんぴらさん編

同じ香川県ならば、高松市内よりも金比羅山のある琴平で一泊したいと思い、直島~高松~琴平と移動。
高松からはJRではなく、ローカル電車「ことでん」に乗ってみることに。運よく、100周年記念の記念車両に乗ることができた。
d0059811_0362449.jpg

かなりユルい電車で、マスコットのぬいぐるみが座席の幅を占めていたり、つり革からぶら下がっていたりしているが、乗ってくる人は慣れているのか、まったく意に介さない様子。
d0059811_105084.jpg

琴平まで約1時間、なかなか味わい深い電車であった。


金比羅山では、はたして3歳児が本宮までの785段の階段を上れるのかと心配していたのだけれど、合間で甘味を食べたりと、休みながらも絶好調で上りきり、大人の方が若干バテ気味。さすが、普段から片道30分かけて歩いて登園しているだけはある。
d0059811_143772.jpg

実は、金比羅山には本宮の先に、奥の院があり、全部で1368段にもなるという。 さすがにここまで行くのは無理だった…。
d0059811_16555.jpg

本宮から下界を見下ろすとこんな感じ。結婚式を挙げているカップルもいたなあ。
d0059811_0394185.jpg

帰りの道中も同じだけの距離を歩いたのだけど、息子の「つかれた~、だっこして~」攻撃を巧みにかわしながら、かき氷や讃岐うどんの休憩タイムを取り、完歩!最後に、参道の足湯カフェでわらび餅を食べて、ご満悦で宿へ帰還。


泊まった宿は、金比羅山の借景が美しい、大型の温泉旅館。
d0059811_0572833.jpg

d0059811_0593886.jpg

お参りで脚が疲れるだろうと踏んで、温泉はマストだったのだけど、景色がウリである展望風呂は、窓がしっかりすりガラスになっていて、いまいち景色がよく見えず、残念。
(男湯の方はいい景色が見えたらしい)

食事は個室を予約していたので、子連れでもゆっくりできると思いきや、なんと息子は爆睡。
午睡をしなかったせいだろうか、せっかくのご馳走をとなりにして、金毘羅山を制覇した3歳児は、結局朝まで起きないままだった。
by chatelaine | 2012-09-17 23:24 | 子連れ旅行

◆◆管理人:yukiko ◆◆欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko