痛い一年

むかし、祖母が親知らずを抜いて痛がっていたとき、たぶんわたしの歯が永久歯に生え変わる時期のことだったと思うけれど、はじめて親知らずというものの存在を知った。

それ、すごく痛いの、とわたしが不安げに聞くと、大丈夫。いい子にしていたら生えてこないよ。
そう言われて、幼心に、いい子にしていれば大丈夫と信じてきたが、いつしか4本ともしっかり生えてきてしまったわたしの親知らず。

今日は、4本の中でも、横から生えている一番やっかいなやつを抜歯してきた。
先生の技術と麻酔の力は偉大で、いつ抜いたのかわからないぐらいだったけど、やっぱり薬が切れると痛いのね…。


それにしても今年は、出産にギックリ腰に抜歯に、世相を漢字一字で表すならば、「痛」がぴったりの一年だったような。
来年までに歯医者通いが終わればいいのだけれど。
by chatelaine | 2009-12-07 15:27 | 日々のエンタメ

欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko