続・アグネスホテルのランチタイムコンサート

先月のコンサートがたいそうよかったので、今月もアグネスホテルのランチタイムコンサートへ行ってきた。
今月は、「ユリアのフルート ~ロシア音楽の息吹~」ということで、日本語の達者なロシア人のユリアさんが、真っ赤なドレスを着て、バッハからポニョまでを演奏。

前回のようにトリオでにぎやかな曲を演奏するのではなく、ソロのフルート演奏だったので、息子のちょっとした声でも響いてしまうのが難点。
子どもがきゃっきゃと喜ぶのはうれしいけど…0歳児OKとはいえ、どこまでが許容範囲なのかと、親としては常に決断力を問われているようだった。

途中、立ち上がって息子をあやしながら鑑賞するわたしたちを見て、今日はお子さんもいらしているので、と、リクエストでポニョの曲を演奏してくれた。譜面もなくて、ほんとうに思いつきで。
その気もちが嬉しかったし、会場のほかのお客さんも拍手であたたかく迎えてくれて。

クリスマスコンサートも、ここでやってくれればぜひ参加したいなあ。
by chatelaine | 2009-11-18 18:23 | 音楽

◆◆管理人:yukiko ◆◆欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。最近はもっぱら子連れ旅がメイン。


by yukiko