◆管理人:yukiko ◆    欧州大好き、映画や舞台の偏向的レビューブログ。子連れになってリスタート。


by yukiko

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

CINEMA
ART
BOOK
STAGE
MUSIC
HOTEL
EUROPE
   *
子連れエンタメ
子連れ旅行
子どもの教育
日々のエンタメ
   *
追憶:パリの美術館
写真館:欧州点描
シネマ総索引
   *
ABOUT ME

愛すべきひとびと

◆作家・演出家・監督
シェイクスピア
ジャン・コクトー
ルキノ・ヴィスコンティ
オスカー・ワイルド
三島由紀夫
澁澤龍彦
蜷川幸雄
塩野七生
須賀敦子
藤本ひとみ

◆アクター
ジョニー・デップ
ショーン・ペン
ジャック・ニコルソン
アラン・ドロン
ヘルムート・バーガー
浅野忠信
渡部篤朗
佐藤浩市
三上博史

◆アクトレス
アンジェリーナ・ジョリー
マレーネ・ディートリッヒ
シャーロット・ランプリング
クラウディア・カルディナーレ
カトリーヌ・ドヌーヴ
中谷美紀

◆歌手/音楽家
サラ・ブライトマン
X JAPAN 

◆画家/彫刻家/写真家
ギュスターヴ・モロー
グスタフ・クリムト
W・ウォーターハウス
カミーユ・クローデル
ウージェーヌ・アジェ
ロベール・ドアノー
藤田嗣治
篠山紀信

以前の記事

2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 01月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

ブログパーツ

タグ

(26)
(8)
(4)
(4)
(2)
(2)

人気ジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

映画
子育て

ヒルトン東京「ストロベリーデザートブッフェ」

この時期、都内のホテルではストロベリースイーツのブッフェが花ざかり。

イチゴ好きの息子を伴って、ヒルトン東京マーブルラウンジの「ストロベリーデザートブッフェ」に行ってきた。
d0059811_11222952.jpg


日曜ということもあってか、ロビーラウンジには長蛇の列。わたしたちは予約をしていたのでスムーズに入れたが、かなり多くの人でザワザワしていて、ホテルの空間をゆったり楽しむといった風ではなかった。

ビュッフェ台はこんな感じ。
d0059811_11223016.jpg

d0059811_11223017.jpg

d0059811_11223010.jpg


華やかなストロベリーのスイーツは見た目で満足。
d0059811_11223011.jpg


実際、お味の方はわりと大味だったので、やっぱりそこはブュッフェの域を超えられていないかなと。
でもイチゴ尽くしで満足感はありました。


# by chatelaine | 2015-04-19 22:57 | HOTEL

『大英博物館展 ~100のモノが語る世界の歴史』レビュー

東京都美術館で開催中の『大英博物館展 ~100のモノが語る世界の歴史』内覧会に行ってきた。
d0059811_22371245.jpg
大英博にはあまりにも膨大な数の展示物があるので、どのような軸で選び、紹介するのか?
と、見せ方の方に興味があったのだけど、「100のモノが語る世界の歴史」という切り口で、最古の人類発祥の地タンザニアの石器から、グローバルな現代社会を象徴するモノまでがキュレーションされていて、とても面白かった。

アジア・アフリカ・南米も含む、まさに世界中から集められた歴史を表す品々に、
さすが大英帝国!よく(ぶんどって)集めたな!
と思わずにはいられない。

懸念していた単調さもまるでなく、音声ガイドもタイムスリップ仕立てになっていて面白かったので、お留守番させた息子を連れてきても楽しめそうだった。


今回は撮影許可があったので、100点の中からお気に入りのものを撮影してきた。
私的には、やっぱり古代のモノにロマンを掻き立てられる。


◆オルドヴァイ渓谷の礫石器・・・大英博で最古のモノ!
d0059811_22451691.jpg

◆ウルのスタンダード・・・メソポタミア文明の地ウルで出土した箱。ラピスラズリを使った細工が細かくて美しい!
d0059811_22491674.jpg

こちらは裏面。
d0059811_22492606.jpg

◆ラムセス2世像・・・いろんな展覧会で見るけど、いつ見ても凛々しいお顔
d0059811_19232841.jpg

◆アレクサンドロス大王を表した硬貨・・・このコインで貿易がされていたんですね
d0059811_19282037.jpg

◆アウグストゥス帝の胸像・・・虚弱だったというオクタヴィアヌスには見えない力強さ
d0059811_19292586.jpg

◆アラビアの手形奉納品・・・イスラーム以前の神、そんな時代もあったのね。手に掘られた文字は何を意味するのだろう
d0059811_19375476.jpg

◆アステカ文明の悪霊の像・・・悪霊ということだけど、このコミカルな表情がなんとも憎めない
d0059811_19432396.jpg

◆イフェの頭像・・・ナイジェリアで作られたアフリカン・アート。ネフェルティティの胸像を彷彿させるシルエット。
d0059811_19465583.jpg


章ごとに、年表と世界地図でわかりやすく紹介されていたので飽きなかった。
d0059811_19522936.jpg
d0059811_19523766.jpg

最後に、「東京都美術館が選ぶ101点目」として、震災時に活躍した“紙管”というモノがランクインしていた。
d0059811_20495696.jpg
d0059811_20490152.jpg

いまから数百年後に現代を振り返ったとき、この時代を象徴する“モノ”とは、いったいどういうものが選ばれるのだろう?
200万年前の石器と現代のハイテク技術が、人間の営みという歴史の線で繋がってみえた。


# by chatelaine | 2015-04-18 23:29 | ART

『禁断の裸体』レビュー

Bunkamuraシアターコクーンで上演中の『禁断の裸体』を観にいってきた。
センセーショナルなタイトルに加えて、ポツドールの三浦大輔の演出とあって期待が高まる。ポツドールの「激情」にはガツンとやられたクチなので。
d0059811_08314900.jpg

d0059811_08340925.jpg


舞台はブラジル。妻を亡くした男をとりまく、ある家族の物語。
主人公の男・エルクラーノ役は内野聖陽。真面目だけど煮え切らなく、情けないセリフを吐くシーンはなぜか、クスッと笑えて和んだほど。シリアスなストーリー中にちょっとの笑いのエッセンス、というのはけっこう高度な技だと思う。

そして、寺島しのぶが主人公を誘惑する娼婦ジェニーの役というので、どこまでやってくれるのかと思っていたら、期待を裏切らず大胆に見せてくれた。細い身体はグラマラスさには欠けるのだけど、「愛の嵐」のシャーロット・ランプリングような退廃的な魅力が。こういうのを舞台で見せられると、寺島しのぶはやっぱり、そこらのテレビ女優ではない、舞台の女優なんだなと思う。

父親と息子の決着のつけ方、そして弟の兄に対する復讐の方法は、なるほどやっぱりそれしかないよね、というやり方だったので意外性はなかった。昨年観た舞台「恐るべき大人たち」のラストと重なるというか、抑圧され倒錯した性ほどやっかいなものはないな、という。
でもわたしはその倒錯の中にある美が大好き。これからも、こういう濃厚なお芝居が観たいな。

# by chatelaine | 2015-04-15 23:30 | STAGE